フタツカ薬局の先輩スタッフの声 | 安井祐太郎

VOICE先輩スタッフの声

TOP > 先輩スタッフの声 > 安井祐太郎

薬局長

「楽しい」から頑張れる。休暇制度も充実していて、長期旅行でリフレッシュ。

安井祐太郎薬局事業本部 なんばパークス店勤務 
2015年入社

Q. フタツカ薬局を選んだ理由

処方箋調剤だけでなく、OTCにも興味があったので、ドラッグストアと調剤薬局で迷っていました。
それまで調剤薬局は調剤+在宅医療のイメージで、OTCのイメージがなかったからです。
でもフタツカ薬局なんばパークス店はOTCも幅広く扱っているのを見て、それまでの薬局のイメージがガラッと変わりました。
この店なら、自分の興味のあること全てを仕事につなげられるし、幅広い業務ができる。ここで働きたい。そこからフタツカ薬局に興味を持ち、面接を受けて入社しました。

Q. 入社してからの印象

学生の頃の調剤薬局のイメージは、薬を調剤して渡す作業を繰り返す、どちらかというと機械的なイメージでした。
でも実際に働いてみて、どれだけお客様とコミュニケーションをとれるかが大事だと実感しましたね。
私の言葉の選び方一つで、お客様の捉え方が全然ちがうんです。
お客様と接する時間は短いですが、その短い時間内でお客の性格や、どういう状況かを読み取り、臨機応変に対応するのは難しい。
大学でも接客はロールプレイング方式で学んだんですが、現場ではお客様から想定外の質問をされたり、アクシデントもあるし、日々勉強させてもらっています。
フタツカ薬局では初めの半年は先輩がトレーナーになり、マンツーマンで教えてくれるんですが、そのことも助けになりましたね。
「さっきのお客様にはこういった対応をすればよかった」と具体的に指導してくれるので、分かりやすく、身に付きました。
現場に入って、楽しいこともたくさんありました。
なんばパークス店は上の階にいろんな科のクリニックが7院程入っているので、色んな薬を扱えるのが魅力ですね。
OTCも、お客様から「どんな薬が合いますか」と相談してもらえて、やりがいを感じています。
2018年に、深阪矢谷店の薬局長として新店立ち上げをやり遂げ、現在はなんばパークス店の薬局長として、チームで一体感のある店を目指し、日々みんなで頑張っています。

Q. 仕事とプライベートとの両立は?

フタツカ薬局を選んだ理由の一つが、休みがしっかりとれることです。基本的に週休二日制で、さらに、3日連続のリフレッシュ休暇もあります。組み合わせれば長期休暇が可能なんです。僕はそれを利用して今年の夏、旅行に行き、リフレッシュしてきました。
お休みをきっちりとらせてもらえるので、オンオフをきっちり切り替えられるのが嬉しいですね。

Q. 将来の目標

僕を目当てに来てくれる患者さまができるような、頼られる薬剤師になりたいですね。
お客様の中には「薬局では薬をもらうだけでいい」という方もいます。でもそんな方からも、いざという時には頼っていただけて、相談してもらえる薬剤師になりたい。
例えば薬の中には、長期間飲み続けないと効かない薬もあります。すると途中で飲むのをやめてしまう人も多いんですが、 そんな時にも僕の言葉がけで、患者さまが薬を飲み続けるモチベーションをサポートしたい。
「何でも相談できる薬剤師さんがいるから、安心してお薬が飲める」「薬剤師さんのおかげで元気になってきた」と言ってもらえることがあるんですが、そんな時は本当に嬉しいです。
だからもっともっと勉強してお客様の健康をサポートしたいですね。

Q. 入社を考えている人へのメッセージ

自分の経験から言うと、仕事は「楽しい」ことが大事。
楽しく仕事できないと、お客様への対応も機械的になると思うんです。仕事が楽しいと、「この人のために」と心のこもった対応ができるんじゃないかな。
楽しく仕事するためには、僕のように「やりたいことができる」ところに入社してほしいです。
僕の場合は、自分のやりたいことは、フタツカ薬局が一番近かった。実際、毎日楽しく仕事させてもらっています。
だからまずは自分がやりたいことを明確にして、会社選びをしてほしい。
まだやりたいことが明確じゃない場合も、フタツカ薬局は休みがきっちり取れるので、リフレッシュしながら楽しく働けますし。
そうして働いているうちに、やりたいことを見つけていけばいいと思いますよ。

他の先輩スタッフからの声をみる

メニュー

×閉じる

閉じる