フタツカ薬局の教育制度|特別研修

EDUCATION教育制度

TOP > 教育制度 > 特別研修

特別研修

  • 管理者研修(薬局長・エリアマネージャー・部課長が対象)

    管理者としてのスキルアップ

    薬局の仕事は単に薬を調剤するだけでなく、日常の医療として人々の生涯にあらゆる角度から関わらなければいけません。そのためには、薬局自体の存続が必須。薬局を効率的に管理し存続させることが、お客様への効果的なサービスへと繋がるのです。
    そこでフタツカ薬局では、管理者研修を実施。外部から講師を招き、薬や調剤の知識だけでなく、売上やコスト管理まで、管理者としてのどうあるべきかをディスカッションし、管理者としてのスキルを身につけられる機会を設けています。

  • 在宅勉強会

    高齢化時代の薬局のあり方を理解

    高齢化社会と共に介護に関しての知識が求められるなか、在宅医療などの業務をより理解し改善していくために、在宅勉強会を開いています。介護業界で第一線を走るスペシャリストたちを講師としてお招きし、現場からの生の声を聞かせていただいています。
    介護保険の仕組みや用具の解説から介護における心構えまで、幅広い内容で知識と理解を深めています。また、各店舗での取り組みを発表する機会をもうけ、お互いの事例の発表や質疑応答により、意識の共有を図っています。

  • SC(医療事務)カンファレンス

    SCのレベルの底上げを実践

    フタツカ薬局では、受付やフロアー管理、レセコン入力等をする薬局スタッフをSC(サービスクルー)と呼んでいます。
    薬剤師の活躍だけでは、一人ひとりの患者さまに細かな対応をすることはできません。そこにはSCとの連携が必要です。
    フタツカ薬局では、薬剤師とSCとの連携をよりスムーズに行なうために、SCを対象にした勉強会を開催しています。調剤報酬点数に関する説明や、ミスを予防するための対策、患者への対応などを再確認することで、お客様の立場を第一に考えた薬局へとより近づけるよう取り組んでいます。
    勉強会に参加したSCからも「あやふやだったことが理解できた」などの意見があり、その効果は顕著です。

メニュー

×閉じる

閉じる