兵庫県を中心に関西に広がるフタツカ薬局の社長メッセージ

ABOUT

フタツカ薬局について

トップページ > フタツカ薬局について > 社長メッセージ

~ President Message ~

フタツカ薬局 代表取締役  二塚安子

そこに暮らす人々の健康を守り人と人をつなげる「コミュニティーファーマシー」として

フタツカ薬局グループ 代表取締役  二塚安子

時代が今、変わろうとしています。
お薬をベースに、地域の人々のお役に立てるようその生涯にトータルにかかわりたい、その想いを胸に創業し、おかげさまで30余年が過ぎました。
時代の変化や、暮らしの変化で生まれるニーズに柔軟に対応し、病気になった場合もまた病気にかからないようにもサポートすることが地域での薬局の役割と考え、努力を重ねて参りました。
又20年前から取り組んできました在宅医療の現場も、地域包括ケアシステムの中で多職種連携の一翼を担うべく更なる努力もし、又同じくセルフメディケーションとして、健康セミナーや管理栄養士による栄養相談会を開催してきましたことが、健康のファーストアクセス機能としての薬局、トリアージ機能を備える薬局として進化すべく研鑽を重ねています。
それと共に、医療制度構造の変化に対応すべく,高度先進医療への対応にも努力しています。
かかりつけ薬局、健康サポート薬局構想として国からも薬局の役割を示唆されている昨今を見るにつけ、「やってきたことは間違っていなかった」と自負すると共に、新たな事業にもチャレンジしていきます。
それが「歩く」ことに特化した「歩くリハビリディサービス」事業や、認可保育園の設立で、より一層人々の暮らしをサポートする事業を推進して参ります。

其の一方で全社一貫した組織運営の強化にも取り組み、新設のICT部、マーケティング部と共に、新しい視点からも更なる質向上に努めて参ります。

今、日本は世界に先駆けて超高齢社会に突入しようとしています。
本当に幸せな暮らしの創造には、経営理念にもある「人と人のつながり」が不可欠です。
フタツカ薬局グループは、そこに暮らす人々の「コミュニティーファーマシー」事業を軸に、今まで培ってきた信頼の上により安心を感じていただける存在であり続けるよう、ベストを尽くして参りたいと思っています。

メニュー

×閉じる

閉じる